08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2009-02-06 (Fri)
夏目も黒執事もヘタリアもクラナドもみました。
クラナドに至っては号泣でした。
物語で人を泣かせることは簡単だと誰かが言っていたけど、それはそれでいいと思うのです。
黒執事はもう最高ですね。写メ日記でひとり祭してましたけど←


実習がまた月曜から始まります。
インフルエンザで休んでいた分が月曜に一気にきます。
追試を受けてから遅れて実習ですって。
しかも今回行く病棟はゆめの苦手な苦手な苦手な!脳外科…!出だしから死亡フラグ乱立してますもう早速イライラしはじめてる自分がいやでいやでいやで…!

ということで。

唐突に!ニル刹なんだか刹ニルなんだかライ刹?刹ライ?でもニル刹だよ!な妄想文を投げ捨てていきます。
くそー!

突発的妄想文だからいろいろあれですけど。



えっと一応9話のあとの刹那とライルの妄想です
ニールとライル


わたし、今ならガンダムになれる気がするkao03





「…おれはあんたの家族の仇だ。
あんたの兄も…目の前で見殺しにしてしまった」

刹那の瞳は4年前のあの情景を映していた。
ロックオンストラトスが眼前で爆発に巻き込まれ、確かにそこにいたはずの彼が一瞬にして消えてしまったこと。
欠片も、何も残さずに。
本当に目の前だった。もう一足はやければ…もしあの時ティエリアの忠告を聞いて地球に降りなければ、こんなことにはならなかったのかもしれない。
刹那はその忌まわしい記憶を振り払うかのように静かに目を閉じて、再び目の前のロックオンストラトスを映した。
表情には微塵も出さずに、刹那は普段から感情を表に出すことはないが、彼の前では普段以上に出せなかった。
後ろめたく、彼の前ではそうするべきでもなく、権利などないと感じたからだ。
本当は彼を見ることも彼の前で息をすることさえも、できることなら知らないでいたかった。
それは“ロックオンストラトス”への罪の意識からか、それとも“ロックオンストラトス”と全く同じ容姿を持つ彼だからなのか刹那自身にも理解できるところではなかった。

「で?なに?殴ればいいのか?家族を返せ、兄さんを返せって責めたらいいのか?
あんたを殺したらすべて戻ってくるのかよ。違うだろ」

刹那が紡ごうとした言葉をロックオンストラトスはいつもみせる、これもまたロックオンストラトスを思い出される飄々とした、実に彼らしい表情でもなく人をからかうときの声音でもない低音で遮った。
普通なら押し黙ってしまう雰囲気を醸し出す彼に刹那は表情を歪めることもないまま、しかし刹那自身が気づいていないだけだったのだが、息を吸うことを忘れたかのように次の言葉を吐き出した。
「でも俺は…」
ロックオンはまたもや刹那が吐き出し終える前に(そのつもりもなかったのだが)刹那のかわりにとでもいうようにわざと大きく息を吐いて、右手で鷲色の柔らかい髪をぐしゃっとかきあげてみせた。
「だーかーらーさっきも言っただろ。過ぎたことだ。それに、前から言おうと思ってたけどな。
お前は俺よりも兄さんを知ってんだろォ、弟のおれよりも」
さきほどのすべてこちらが発した言葉は意味もなく呑み込まれてしまいそうな低い声音が嘘だったかのように、いつもの軽い調子で、刹那が予想もしていなかった言葉を口にした。
予想をしていなかったというよりも、異国の言葉で話されたのかと思うほど理解できずに、大きな瞳をさらに大きくさせ、思ったことを考える間もなくそのまま紡ぐことしかできなかった。
「なにを言っている」
それを見てロックオンストラトスは、いたずらでも思いついたときのようににっと口角をあげ、しかしどこか優しさを含んだ笑顔で言った。
「みてたらわかるよ。そういう勘だけはいいからなぁ俺は。兄さんと違ってな」
と言いながら、少し下にある刹那の目線に合わせるように覗き込んだ。

「まあったく、兄さんもこーんなかわいい子が恋人なんてなあ、年上が好きだったのに…やるねえ」

刹那の頭にぽんぽんと右手で触れた。刹那は納得のいかない何か言いたそうな目でロックオンストラトスを見たが、彼が笑顔でぐしゃぐしゃと頭を撫でるものだから、少し懐かしい感触に考えていた文章が音になることはなく刹那の頭から消えてしまった。
ああ、違う。ロックオンストラトスのためでも何でもない。自分自身のためにここへ来たのだ。彼に言おうとした言葉もすべて自分のためだった。憎まれているほうが楽だったから。一種の防衛反応だ。そうして救われようとした。
結局救われているのだけれど。


スポンサーサイト
Theme : 腐女子の日記 * Genre : アニメ・コミック * Category : SS
|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。