10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2007-08-13 (Mon)
三橋、阿部、田島の連携で、サードランナー迅をアウトに。
見事にふせぎました。三橋が出てこなければ、もいえるけど、田島の「右手でとれ!」がなかったら、迅はセーフになっていたところです。

西浦ベンチもどっきどき!あのビビビッていうかゾクゾク感がこっちにも伝わってきます。

タケも迅も監督に怒られる~とこっちは違う意味でどきどき(笑)かわいいにぱにぱ

次の打者は5番 和さん!
和さんは二打席ともストレートを投げられて、二巡目で三橋の球の何かに気づき始めました。が、何か と、違和感くらいで完全には気づけていません。

すれ違いざまに転びそうになった三橋のユニフォームを思わずがしっと掴んで助ける和さんッ!
うおおおお和さあああん好きだあああああその腕と背中に飛びつきたいキャ-〃
田島と三橋も和さんに感動…の後ろで三橋が転びかけたのを見た阿部くんは、さっき(16話で)豪快に転んでしまったときのが足にきたのではないかと青ざめています。モモカンは三橋が転んだことに気づいてなかったのに、よく見てるな阿部くん。いつも見てるんだねアベベ!レンレンが焼けこげちゃうような熱視線で笑

田島が準太のモーションをどう盗んでいたかが判明!
そんな背中のユニフォームの皺の違いなんて、キャッチャーの和さんから見えるわけがないんだから気づくなんて無理だよー
皺の少しの違いでわかるなんて、どんな目をしてるんだ。田島様々

西浦、先頭打者は三橋。「今日は打つな」と阿部に言われて、お目目をぱちぱちきょろきょろ。アニメになって効果音がつくと、より可愛くて笑えますにぱにぱ
そんな阿部の心配をよそに、三橋は今までのバッティング練習、阿部の「どんどん振ってけよ」の言葉や勝ちたい気持ちにおされ、自信がついたようで打つ気満々!休み時間まで、角材の上でのワインドアップ練習をして、5時から21時まで練習して。三橋の投げることへの思いとやる気と努力は本当にすごいです!泣いたりおどおどしたりは、どうにかならないかと思うときもあるけど。好きです。(でも桐青の方がもーっと好きです)
準太のボールをバットになんとかかすらせます。思いっきり振るのを見て、「思いっきり振んな!疲れるだろーが!」と阿部…気が気でならない阿部にさらに追い討ちが…!
三球目のフォークが、ボールが雨で湿ったせいで指がうまく抜けずに落ちないで、三橋のお尻に!デッドボール。
当たった瞬間、「の!アホ!」とスプレーを片手に誰よりもはやく思いっきり飛び出してきた阿部くん(笑)「イ!イタく、ないよ!」という三橋にスプレーを振りながら迫る阿部(爆笑)そ、そんなお尻に当たったくらい、とはいっても足に響くこともあるかもしれないしなぁ…なんていうか阿部くん、すごい気にかけてるのにうまく伝わらないことが多い…キャッチャーの心、ピッチャー知らず とでもいうか笑がんばれ阿部くん!

そんな二人を見て、必死に笑いそうになるのをこらえる準太がかわいすぎるー萌え
ヒナは萌え死にそうだ


『9番はノーヒット。こいつは打撃のダメなタイプのキャッチャーだ』
和さんその読みは間違ってるよー阿部くんは結構打ちますよー
真ん中ストレートを、グラウンドが荒れた位置を狙って、ほんとにそこに打っちゃうんだからすごい!

ここまでニ連続ヒットの泉くんを三球ともストレートで三振させた桐青バッテリー。
『これが本来の力差だ』って和さんの台詞かっこいいんだけど、『うちの準太はすごいだろ』にしか聞こえないんですが!

次の打者は栄口くん。サードランナー(三橋)を意識してじっとみたのはいいけど、三橋は睨まれたと思っておどおど。栄口くんは味方なのに!仲間なのに!栄口くんは必死に睨んでないからとにっと笑顔を見せるもおどおど。そんな三橋に西広がフォロー。瞑想を練習に取り入れてきたおかげで、なんとか精神的に落ち着けました。ナイスフォローだキラ
おお振りキャラのへらっとした笑顔はかわいくてかわいくて。気が抜けます。癒しです。

桐青はスクイズを警戒。桐青の監督、1球スライダーでくさいとこ、と探りをいれてくるも動かず、サードランナーが投手であることをみてスクイズはないと判断。それをみてモモカンはスクイズをしかけます!
ないと判断したのに走りだしたサードランナーに桐青もびっくり。なんとか準太は打たれないように外したけど、その球を飛びついてバットに当てた!!栄口ィィ!

「三橋!ノースライ!」ってもうかっこいい!!
スライディングなしでうまく三橋をホームに運ぶなんて!素敵!

モモカン、桐青の監督に読み勝ち!



今までメジャーとか野球漫画を読んではいたけど、ここまで野球自体に興味を持ったのは初めて。サッカー漫画(笛やファンタジスタ)にハマってたときも友達みたいにそこまでサッカーの試合をテレビでみることもなかったんですが、おお振りを見始めてからすっかり甲子園観戦が楽しくなってしまいました。
だいたいスポーツ漫画の主人公って、ずば抜けてすごい技を持っていて強くないですか?でもおお振りは、本当に高校生らしくて、親や親に対する気持ちや野球の試合自体もリアルに感じられます。でもやっぱり漫画だから少しは何か特徴的というかすごい部分も必要だと思うけど、それが出すぎてなくて。理論的に野球を描いてくれる部分も多いので、野球知識が全くなくても楽しめます。(しかも萌えがもりだくさん)
でも読んでるこっちもどきどきする展開で。

甲子園をみていても、おお振りをみていても、ここまで打ち込めるものがあるなんていいなァと素敵だなと思います。

コミックス結局8巻まで読んでしまったんですが…8巻やばいです!泣きました…!
桐青戦の感想はアニメでおって書いていきたいと思いますが。



FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
Theme : おおきく振りかぶって * Genre : アニメ・コミック * Category : おおきく振りかぶって
|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。