06≪ 2017/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2009-12-13 (Sun)
1362064221_129.jpg



まずですね…

めっちゃ楽しかったー!!
おもしろかったー!!
かっこよかったー!!
麦わらの一味に入りたーい!!




ONE PIECE映画10作目にして初めて映画館に観に行ってきました♪

基本ONE PIECEもBLEACHもNARUTOも劇場版は観ない人だったので。
ワンピースはチョッパーの9作目しかDVDで観てないんです。
8、9は原作沿い的な内容だったから観ようと思うんですが…


で、今回は尾田先生が制作総指揮で0巻があるってことで観に行ったわけです☆

映画の内容はもちろん0巻がですね、ジャンプで読んでてもやっぱりほしいわけですよ限定版が!
すごいチケットが売れてるって聞いて前日に慌てて買いに行って
店員さんに「引換券があれば必ずもらえますか」って焦って聞いたオタクですww
引換券あるんだから貰えるだろうよw


初日全公演完売で満席だったようで…満席しかもレイトショーで満席なんて初めてみた…!すごい!
ロードオブザリングの初日も朝からすごい並んだけど比じゃないよ
あのいつも閑散としてるようなマイカルが…田舎の映画館がですよ…
チケット売り場も売店も人いっぱいで駐車場から出るのも時間がかかったという


映画館で友達に会うけど席は一人でってかたちやったんで
列の真ん中の席やったんですけど、その列ぜーんぶ中高生くらいの男の子やったwwwΣ(゚Д゚)ガボーン
席につきにくいったらないw
でも全体的に年齢層幅広いし男女の比率も同じくらいやしと思って、こんなとこでも人気を感じてきました


以下、映画と0巻~56巻までのねたばれも含んでます
あとちょーっと腐女子的な意見も入ってるのでなにそれ?苦手!無理!最悪!な人は全力でまわれ右!!
もうほんとBLなにそれベーコンレタス?おいしいの?な人は読まないでくださいね。
忠告しましたからね。
そりゃ基本的にどの作品も作品じたい大好きで、それは主にガンダムへの愛を見てもらえればわかると思うんですけど長くなるので割愛割愛

でもね、しょうがないじゃない!腐女子なんだもん!(´∀`*)
はい。



久しぶりに一味が全員揃ってるのを見れて嬉しかった
でも映画でも一時的にバラバラになっちゃったからなんだか切なくなっちゃいましたねー…

ナミはアーロンのときといい、仲間や故郷を守るために辛い選択を迫られることが多いなーって思いました
今回はウソップがすごいいいところにいたというか、シキの仲間になるって苦渋の選択をしようとしてるときの、土の中からナミに対しての言葉がウソップだからこそなんだか重かったです
エニエスロビーあたりのルフィと喧嘩したときの話とかロビンちゃんの一件を思い出すと余計に(´;ω;`)
でもナミもロビンちゃんもっていうかワンピースに出てくる女の子ってほんとみんな強いから、気持ちだけじゃなくて行動にも移しちゃうくらい強いから大好きなんですよ!
ちなみにナミ、ロビン、ビビはもちろん
ハンコックとヒナが好きです。黒檻のヒナかっこいい!


でもナミの「必ず助けに来て」はよかったなぁ…
アーロンのときとは違って、裏切るかたちで守るのではないところにアーロンのときよりもさらに絆が深まってるんじゃないかなって感じました(´Д⊂ヽ
アーロンのときの「助けて、ルフィ」のシーンも大号泣だったけど…!

ナミの気持ちと
ルフィがトーンダイアルを聞いて怒るシーンはもう…泣けました( ;∀;)
なんでこんなにワンピースって仲間の絆がすごいの…!
ルフィがかっこよすぎて!
ワンピースではだんとつでルフィが大好きです
エースだのシャンクスだのサンジだのローだの白ひげwだの言いますけどルフィが大好きなんです!(白ひげとかミホークとかクロコダイルが好きなんですww)
「ひとつなぎの大秘宝」っていうけど、ひとつなぎの大秘宝=仲間との絆 って解釈も素敵じゃない!むしろそれでいいじゃない!って思った瞬間でした。ワンピースを目指して旅をした先に、その過程に生まれる絆が大秘宝っていうね。
あれ柚愛今すごいいいこと言ったんじゃな…ブフッ∵(´ε(○=(゚∀゚ )


仲間のために命も張るけど、犠牲にして助ける、犠牲にさせて助けるっていうのがないところが本当に好き。


金獅子のシキ…は、映画の尺を考えるとそんなものかなとは思ったけどもうちょっと強さを客としては見せてほしかったです
20年前とはいってもロジャーと肩を並べてきた海賊であのインぺルダウンを脱獄したんだし
映画の中にもロジャーとの絡みをもうちょっと出してもよかったんじゃないかなーって思った
0巻読んでから映画を見る方がいいと思います
そんなこともパンフレットの尾田さんのコメントを読めば吹き飛びますけどね笑
漫画家って良い意味でオタク精神がいりますね
この方のこだわりはすごい。さすがプロです。


だからシキってもうちょっと常識持ってるというか、まあ海賊に常識もクソもないとは思いますけどね笑
とことん、悪役!だったから。
シキの海賊は海の支配者だっていう言葉からもシキの在り方がすごい伝わってくるけど。

海賊王ロジャーの伝説が…あの最弱の海、イーストブルーで終わるのか
それはあのクソったれに対する最期の侮辱だよな

っていうのとシキの映画での最後の言葉を聞くと
イーストブルーを標的にしたのも頷けるかも。
このあたりもうちょっとつっこみたいことがあるんですけど、うまくまとまらないw

シキ役の竹中直人さんはもうハマりすぎです!
ベイビーちゃーんって言い方www
あとビリーの声が高戸さんでしたよv
まさかのロシア
可愛かった!

尾田先生!っていうぐらいギャグ要素いっぱいでおもしろかった!
観客の皆さんも結構笑ってたけどあたしはこらえるのに必死で最終的に咽ましたww
ブルックがいい味だしてる相変わらず
あの軍隊アリのところとか笑
ロビンちゃんナイスキャッチでいいとこもってくし。
インディゴの歩くときの音にインディゴ、スカーレット、シキのやりとりもww
シキの頭に舵輪が食い込んだ話も(0巻)


王宮にルフィ達が正装で来るシーンはほんっとかっこよかったー!
正装ですよ!黒スーツー!!!!
尾田先生…あなた、わかってらっしゃる…!
黒スーツの萌えを、あの破壊力を…!(*´д`*)
ルフィかっこよすぎる!
ゾロの着方も好き。ロビンちゃんも可愛いし。

あと今回はみんな私服がいつもと違う感じで新鮮でした。
ロビンお姉さま!って感じで。
あとナミのサービスシーン盛りだくさん!
超美人!
作画もすごく綺麗でしたv
ところどころすっごい崩れちゃってるところもあったけど何も言わない!

そんな正装だったからって理由で、パンフレットを購入したんですがw
尾田先生はもちろん他スタッフやキャストさんのインタビューも読めるので声優好きには嬉しい内容になってますよー♪

ゾロのインディゴに対しての 俺が馬の骨ならお前はどこの骨だ?的なセリフ大好き!


ゾロとサンジの偶然再会できたのに「「なんだ、てめえか」」で終わらせちゃうところとか
共闘するところとか
柚愛が柚愛が…どれだけ叫ぶのを我慢したと…!
まあ映画館っていうのを逆にいいことにニヨニヨしまくりでしたけどね!
あとサンジの「んぬわぁみすわーん!」「ロビンちゅわーん!」って呼び続けてるところツボった。
「ゆーめすわーん!」ってハート飛ばして走ってきてくれたら柚愛なら間違いなく受け止めるんですけどむしろこっちから「サーンジー!!」ってハート飛ばしながら追いかけるんですけど!そんなことしようもんならゾロに斬られそうだけどゾロもまとめて追いかけますよ
両隣の子ごめんね!実はフランキーにも勝るような変態が隣にいたんだよ!キラッ☆


ゾロの膝の上にシャオが座っててそのゾロの後ろにチョッパーが座ってて…っていう雪山でのあの構図がすっごい可愛くてー!

え?なにがってゾロが(真顔)

………これさー…ゾロとサンジで変換してしまって本当にすいませんでしたこの腐女子脳が悪いんですこのやろう!
スーツでもっと絡めばいい←


EDはミスチルで意外に合ってて感動した
白ひげ、エース、シャンクスが出てきてくれて嬉しかった!
本編への伏線的なものも見え隠れしてるような気もしないでもない

“ルフィの17歳最後の冒険”っていうのは、どう解釈しようかと。
映画は2年に1回ペースで続くみたいですよ。
んー…あんまり深く考えない方がいいかも笑
時間軸的なものかしら

あ、白ひげ大好きなんです。
エースのおやじは白ひげでいいじゃない!
ってことでセンゴク元帥があまり気に入りません笑

エヴァもマクロスもワンピースも2回目観に行ってもいいなって思えるくらいにおもしろかったので今年観たアニメ映画は大満足です!
来年はどうかなー♪

あとあたしちゃんと00のスペエディも観ています♪
そして大みそかのイベントのチケットも無事にとれたので
00と年越しをしてきますー☆



>あじいしさま
実習、無事におわりました!
ありがとうございますv
グラハムもキャラソンを…!!
それは楽しみすぎますv
確かにプー人気はすごいですねww
不憫のくせに人気ですw
サマーウォーズ、見れてないんですよー;;
おもしろいと評判がいいのでまたレンタルで観てみます♪

スポンサーサイト
Theme : ONEPIECE * Genre : アニメ・コミック * Category : 映画
|
個別記事の管理2008-12-10 (Wed)
私は貝になりたいを観てきました。

戦争ものはどうしても観たくなくて遠ざけてしまうのですが、なかいくんの演技が大好きな柚愛としては行かねばと思い!
はい、やっぱり涙でぼろぼろになりました(笑)
学校帰りの夜の回でよかったと心底思いましたね。

戦争中ではなく戦後がメインなお話は観た記憶がないので新鮮でした。
戦争を話や文献でしか知らない時代に生まれた私だけど、戦争はしてはいけない、するものじゃないということはわかります。
戦争は人の命も人格も何もかも狂わせて、そこに幸せなんてないのだと。
あるのは「戦争は発明の母」という、戦争で科学が発展するという皮肉なものでしかないと。
それでも過去にそれがあったからこそ、今少なくとも自分の住んでる世界には戦争はないと思うから。
私にはとてもじゃないけどおこがましくて語ることはできない絵文字名を入力してください

なかいくん演じる清水豊松とその家族。もちろん他のキャストの方々も。そして「私は貝になりたい」という言葉に込められた意味も、私の拙い言葉ではとても表現しきれないほどに大きなものです。
感想を、と言いたいところですが、まさに「百聞は一見に如かず」です!
少しでも気になっている方はどうぞ映画館に!(あれ宣伝になってる)
ですが、PG指定なくて大丈夫なのかなと思うシーンが終盤にあるので、戦争ものやそういった表現が苦手という方にはおすすめできないやもです…sn
それでも家族や観に行こうかと迷ってる友達には観に行かないとわからないとすすめてますぱんだもびっくり


作品としては、風景から雰囲気からとても綺麗で、「砂の器みたい」と序盤は思っていたのですが脚本の方も監督も同じだったのですね!どうりで!
白い影の演出にも携わってらっしゃったとは!だいすきです・・・

戦争ものだからと構えていたんですが。そこまで生々しい描写は少なくて、それでも目を背けたくなるところはありましたけど…
笑ってみれるシーンもあって。
音楽にも思わず聴き惚れてしまいました!聴いた瞬間、「久石さん!?」ってすぐわかりますね。
綺麗な風景にぴったりでそれにも泣きそうでした笑
久石さんの曲調のおかげで、作品に対して構えていたものも和らぎました。
でも、宮崎監督作品で担当してらっしゃるイメージが強かったですがそれを覆された気がします!
本気でサントラを買おうかと思っているところです。
久石さんのコンサートにもいつか行きたいものです。

あ、話それちゃいましたsn
久石さん大好きなのでお許しを笑

なかいくんととても縁のあるというかありすぎる、つるべさんとくさなぎくんが共演されてた分でも重いイメージがやや和らいだので助かりました。ギャグ要素とかは皆無ですが。

<ネタばれ>
豊松が、減刑されると喜んででてきたのに、「絞首刑」と言われ、希望から絶望へ一気に突き落とされて。(ここの落差にはややついていけなかったけど。予想もついてたし)
刑が執行されるまでの豊松、なかいくんの演技はとくに言葉では表現できないくらいです…
これが息をのむということか、圧倒されるということかと。
いしざかさん演じる矢野は、かっこいいと言っては語弊があるけど、こんなふうに責任を背負おうとする上官というのは戦争時代において少なかったのではないかなと。知らないだけだとは思うけど、劇中でも描かれていたように下の兵を虫けら同様に扱っていた印象が強いので。
ルルの言葉を拝借すると「撃たれる覚悟」を持っていたという感じ。

絞首刑になる人が呼びに出される日の朝に、刑務所中にお経の声が響いていたのも強烈でした。

捕虜を殺せと命じた上官が死刑でなくて、命令されてそうするしかなかった、しかもそれが直接の原因で捕虜は死んでいないのに、豊松らが死刑になるというこの理不尽さに、そしていくら訴えても、嘆願書を必死の思いで集めてもそれが届かないという悲しさに、怒りがこみあげてきました。

どうしても生まれ変わらなければならないのなら、深い海の底の貝になりたい。兵隊にとられることも戦争もない。家族の心配もしなくていい。だから貝になりたいと。
そんなことを思いながら一生を終える、人の手で終わらされるだなんて、悲しいという言葉しか私には表現できません。
どうか豊松が次に生まれ変わる世界に戦争がなければいいと祈ります。
</ネタばれ>



▼だぶるお話

ティエリアおめでと☆。.:*:・'゜ヽ( ´ー`)ノ
1日遅れだけど、忘れてたわけではないです!

いくつかはわからないけど(笑)
あ!イノベ、少なくともリジェネはティエリアと同じ誕生日だと思っていいのかな!?
むしろそうであることを希望v

昨日は誕生日プレゼントって、ロックオンとかグラハムのグッズと大好きなリラックマももらって
柚愛のベッドはロックオンやハロにフィギュアとかリラックマのぬいぐるみという、とんでもないカオスを繰り広げてます(笑)


▼私は貝になりたい、をみて00について思ったこと
赤紙がきて、行きたくもない殺したくもない戦場に駆り出されて、殴られて蹴られて殺せと命じられていた国民。

「やな時代に生まれて、やな事をしたものです」

00の世界は「自分の意志で」っていうのが強くて、戦争に行けと駆り出されてるわけではない。
でも「戦いたくない」部分は共通してるし、戦いなんて望んでもいないのに、戦うと自分で決めてそうせざるを得なくなったような過去があるのは悲しいなって思ったし、そこに変わりはないんだなって。
CBを中心にいうと、撃つ覚悟も撃たれる覚悟もありながら戦ってるのかっていう、そんな違い。



誰の命もまた誰かを輝かす為の光 /花の匂い

誰かの命を消すためにあるんじゃないのに。
綺麗事でも偽善でも。


++++
ヘタリア2巻!出てたので買ってきました!
かわいすぎる…!!

Return

Theme : 機動戦士ガンダムOO * Genre : アニメ・コミック * Category : 映画
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by 愛里
こんばんはv

“私は貝になりたい”観たんですね!
私の今観たい映画の1つです(´∀`*)
以前ぴったんこカンカンで地元に安住アナと中居くんが宣伝に来たんですよ!
その時からなんだか興味が湧きまして。
ネタばれの内容読みたいんですが……ん~、我慢します(^ー^;)
観たら読ませてもらいますね!
あ、でも3月までやってるかな;

私も久石さん好きなんです!
聴いてるだけで様々な感情にさせられますv
篤姫の最後はいつも久石さんと吉俣さんとの演奏が流れるんですが、とても穏やかなんですよね(≧∪≦)
なんか柚愛さんとは同じ好みのものが多いですね(笑)

誕生日プレゼント、というコトは…12月9日がお誕生日だったんでしょうか?
もしそうでしたら、お誕生日おめでとうございます☆(違ってたら恥ずかしい(ノД≦;))
画像見ましたが、リラックマたちめちゃくちゃカワイイですねv
幸せな気分に浸れちゃいそうです(´∀`*)
ロックオンも私が買ったものとまったく一緒で(笑)
好きなものに囲まれるのはとても嬉しいですよね♪

ではまた来ます(*^ー^)ノ
14日のイベント、楽しんで来てくださいv


愛里さま☆ * by 柚愛
愛里さま☆

地元にですか!?
いいなぁ(´∀`)
ぜひ見に行ってください♪
久石さんいいですよね!!!
愛里さまとは趣味が合うみたいですね(*´∀`*)
嬉しいです☆
こんな奴とですいません(´`)

誕生日は11月です☆
ですが嬉しいコメントありがとうございます(●^^●)

好きなものに囲まれるって幸せですヽ(´▽`)/

はい!楽しんできたいと思います♪

個別記事の管理2008-03-19 (Wed)
20080319210527

「Et tu, Brute?」


以下ネタばれ含みます


期待してた以上におもしろく楽しむことができました!
騙されたと思って見に来てくださいってぴぃちゃん言ってたけど
これは見に行くべきです笑

ヒナは黒崎の仇でもある御木本との対決を描いてるのかな、と思ったんですが
御木本と、いうよりも、元凶である桂木との関係を持ってきて、もちろん「クロサギ」ですから
詐欺のお話と、騙す騙される、信じる信じない、の人間関係についても見れたと思います。
詐欺の世界でたぶん大物である御木本を喰うまでの決意とそれまでのプロセスって感じかなあ?
人間としても、桂木との関係も
そして、あまりそうあってほしくないとも思うけど、クロサギとしてもこのお話で成長していってるのではないかと思う。

騙す、騙される世界だからちょっと悲しかったけど。

桂木と早瀬、黒崎の関係がドラマより柔らかくなってはいたと思う。
早瀬は黒崎に、ドラマでは桂木の迷惑になるならもう近づかないで、クロサギをやめて、とか言ってたけど映画では「気をつけて」って言ってたし彼女は彼女で黒崎を認めて心配もしてるようです。
ただ、桂木と黒崎は…うーん、桂木は相変わらず読めない。
でも直接的ではないけど、クロサギとして動いていくなかで、間接的に人を死なせてしまうことになってしまって落ち込む黒崎に、「お前のせいじゃない」「かわいそうに」って、労わりの言葉をかけた後に
「いつの世もな、騙された奴の負けなんだ」って突き落とす。
詐欺にあって家族を失った黒崎にとっては残酷な一言だなぁと。しかも元凶である桂木にですからね。お前のせいだよ!ですよ。
でも詐欺師しか喰わない黒崎も結局は同じことをしてるわけで。
クロサギとして生きていくなら、と詐欺師であることについて強く持てっていうのは語弊があるかもですが、諭してたのかなと思うのです。
石垣に勝ったら好きにしていい、負けたらクロサギをやめろ
なんだかんだ言っても、黒崎にこれからのことをどうするかについて手を差し伸べていたのかもしれません。
相変わらずえぐいですけど。

桂木とさくらさん…ちょっとたぬきのくせに、なんて美しい人の心を奪っちゃってんだ。
ライターを使わないでマッチを使い続ける桂木に、親近感というか読めない人だからそういう部分がみれてよかった。
にしてもフィクサーである桂木はどこまで大物なんでしょう。
どの詐欺師も、はたまた暴力団まで、出てくるだけで黙らせちゃうんですから。


シェイクスピアの「ジュリアス・シーザー」「マクベス」を持ってきてるのもおもしろかったです♪
シーザーとブルータスはまさに詐欺師の世界の関係を映してると思うし、わかりやすかった。
「マクベス」から引用された「人生は動く影にすぎない」っていう台詞。
哀しくて寂しくて運命は変えられない操られてる的な感じがしますけど、まさにクロサギという感じ。
シェイクスピアが読みたくなってきた。
ハムレットは一度読んだ記憶があるんですが…難しかった気がする…
そういえばギアスでもアーサー王関連のも含まれてたりしますし気になるところ。
今すぐ図書館に駆け込みたいアイコン名を入力してください

黒崎と白石さん
ヒナ、白石さん大好きなんですv(加藤さんの演技じたいが好き)
ひょっこり現れて、沈んだ黒崎をさりげなく持ち上げていくところとか。
助けるというよりは邪魔するなって忠告にも近かったと思いますけど。
メリーゴーランドに乗って話す二人がかわいくてかわいくて。
白石さんの言葉はドラマのときから何か重みがあるというか、桂木が言うことよりも説得力があるというか。
「どれだけ憎い奴でもずっと近くにいれば心が緩む。それが人間だ」といったような言葉。
(ああああロックオンと刹那もこんな感じか、っていうかマイスターああああティエリア…!涙)
…映画館で別のことで取り乱しました…

これって黒崎だけじゃなくて桂木にもいえることで。
やっぱり早瀬が娘の位置なら黒崎は孫的な存在になってきてたりもする…といい。


今回、氷柱ちゃんとの絡みは少なかったというか氷柱ちゃんじたい影が薄かったですが、氷柱ちゃんと黒崎も相変わらずな雰囲気だけど、いい感じの距離なんじゃないかなぁ。


クロサギは小道具、演出がすごく凝ってておもしろい。
オセロを持ってきたり日本刀を持ってきたり(銃刀法違反じゃないのか)
なんといっても桂木を演じる山崎さんの動きにはドラマのときから魅せられてました。
ほとんどがアドリブだと聞いたのですが。
ドラマでもあったコーヒー豆をそのまま食べたり笑、紙ひこうきを折ったりもそうなんでしょうか。

雨の中、黒崎が膝をついて叫ぶシーンには泣きそうになりましたし
舞台、日本刀、棺を使っての桂木と黒崎のシーンはすごいというか、やっぱりシェイクスピアを持ち出してくるのがすごい。
白石さんがクレープを食べてるのもよかった。クリーム口につけてるのとかたまらry
はい。
黒崎と早瀬が教会で話すっていうのも個人的に好きです。
早瀬の「ズドーン」が響いた。
エレベーター危機一髪なシーンもいい。
どうしても暗くて人間不信になるわ!なお話になっちゃいますけど、おもしろくて笑える場面もあってよかったです。
黒崎の「なんと」とか「ばーん」って台詞もかわいくて好きでしたし。
そういえば、まだ鴨南蛮?のカップ麺食べてたんだね。
警察相手に弄ぶ黒崎も好き。
あんなに遠回りさせて走りまわらせて。
時間まで計算のうち、ってね。

見てる側にわかりやすいように、説明があるのも親切でした。

ドラマでもいろんな変装姿を見せてくれたぴぃちゃん。
今回もいろんなぴぃちゃんを見ることができましたv
ジャックなぴぃちゃん、ホテルマンなぴぃちゃん…ほかにもいっぱいほぇ
ジャックは後に出てくるカリブともかけてたのかな
英語を流暢に話すぴぃちゃんも見ることができましたしv
横顔に惚れ惚れとしつつ。
やっぱりあの子犬のような目が母性本能をくすぐるんでしょうかねうふ
映画館はやっぱりママさんぐらいの歳の方が多かったように思います。
ヒナの前の席の方の携帯の待ちうけはNEWSでした(みえちゃった)
ぴぃちゃんのファン層は広い。

ぴぃちゃん、胸板すごい!
顔周りがどこかすっきりして、全体的にさらに引き締まった感があったんですけど
きれいに筋肉があって!
ほれぼれダブルハート

大地真央さんはもう50と聞いたのですが、ほんと美しい方ですね。
美しいっていう形容詞がよく似合う方です。
竹中直人さんは、今回は詐欺師でシリアスな役という感じでしたけど、竹中直人だ!っていうのが垣間見えるシーンも笑
おもしろい方です。
あと大穴!?で鶴瓶さん笑
この方もいつもテレビで見る姿とは違って、演技となると雰囲気が変わります。
中居くんみたい。
暴力団に殺された鷹尾役の方もある意味、迫真の演技。
このシーン、ちょっと怖かったです…
哀川さんが刑事役で捕まえる側っていうのがまた新鮮。
この方の笑い方にはこっちまで笑ってしまいます笑
神志名とコンビを組んでる刑事さんは、なにやら今回はやる気満々でしたね!
いつもは結構神志名に振り回されてる感がありましたけど、「しょうがないなあ全く」的な笑顔もあり、やっぱりコンビとして理解はあるんだな、と。



ヒナは基本的に邦画はあまり映画館に見に行かないんです。
というか迫力のあるものだけとかどうしても見たいのだけってしてるんですけど
クロサギは見に行って正解でした♪


気になる御木本との対決は原作を読めってことでしょうか。ぱんだもびっくり
(アレ?原作も御木本だったかな)

復讐してもシロサギを喰い尽くしても、失ったものは戻らない。
でも黒崎はクロサギとして生きていくことを決めたし、幸せっていうのは確かに定義が難しいというか人それぞれ。
少しでも彼が幸せだと思える瞬間があればいい。
一人じゃないと思えてるといい。






「この世は芝居じゃない。筋書きは俺が決める」







Return

Theme : 映画感想 * Genre : 映画 * Category : 映画
|
個別記事の管理2007-12-23 (Sun)
立ちくらみとひどい眠気が重なってか、一瞬真っ黒になって倒れた恐怖
明日も一日中外に出てるからもう寝ようと思ったけど、ナショナルトレジャーがあまりにもおもしろくて見入ってしまいました絵文字名を入力してください
見る気はなかったのに、いつのまにか見入ってしまってるのがジェリー・ブラッカイマーさん製作の作品なんですよねポ
CSIシリーズも観てみようかな♪



弟が見たいって言っててそんなにおもしろいのかと思ってたら。
語彙が貧困で申し訳ないんですが、おもしろいッ!!
探して見つけて追われて逃げて。
ただ宝を探すだけの話ならおもしろくなくて当然ですが謎もスリルもあっておもしろさもあって!
ヒナは古代やら学者やらの類が大好きでもろツボでしたv
しかも世界最大規模のアメリカ議会図書館のシーンまで観れて!
イギリスの大英博物館にも行きたいけどここにも行きたいハート
世界をまわるのがヒナのどうしようもないくらいの夢ですキラ

しかもLOTR・ボロミア役のショーン・ビーンが出てるなんては-とは-と
敵サンながら見惚れてしまったvむかつく役なのにかっこいいv

続編が最近公開されたんですよね!
シンプソンズとブリーチとこの続編が観たいので、一日中映画館にこもって一気に観ようかなと計画中♪
一度やってみたかったんですよね!そんな時間があるのかって話ですが…
もちろんナショナルトレジャーを見るときは吹き替えで!いつもは字幕じゃないと嫌なんですけど、ベンの吹き替えが大塚さんなんですもんv
ブラック・ジャックheart02
いい声をしてらっしゃるvv

しっかり最後のクイズにも応募しちゃうヒナでした絵文字名を入力してください


FC2 Blog Ranking



Theme : 映画感想 * Genre : 映画 * Category : 映画
|
個別記事の管理2007-07-15 (Sun)
昨夜、ハリポタ5の先行上映に行ってきました!

まず本編の前に、予告で気になったものがありまして!
スカイ・クロラ / 森 博嗣が押井守さんによってアニメ映画化されるって!キャッホォォ!!
めっちゃ楽しみです!これ続き5巻まで出てたんですね。2巻までしか持ってないやゆっくり集めるとするかな♪


*以下、ハリポタ5ネタバレ含みます



どんどんダークになっていくハリーポッター。

上下と二冊にわたって描かれた5巻。それを2時間ちょっとでおさめるのかと、2、3、4と期待してたわりにはあまりよくなかったので(とか言いながら数回観に行ってたけど)今回も省かれまくりなんだろうなと、あまり期待せずに観にいったのですが。
映画じたいはすごく楽しみにしてたんですよ!期待半分不安半分といったところでしょうか。
ですが!今作はすっごくよかったです!!ヒナのなかでは一番いい1作目と並ぶか越えるかぐらいでした。(3作目も好きなんですけど、それはまァ、親世代が好きだからで。ん?じゃあ今作もそういう理由になる?)(2作目はダラダラしてて観ながら寝かけたほどだった)
かなり省かれてたけどそれを差し引いてもヒナは満足でした。時間の都合上仕方ないとは思うんだけど、ダーズリーの家にいるハリーにいっぱいふくろう便が届くシーンも(魔法省からの手紙だけ)、ダンブルドアがペチュニアに出した吠えメール、ペチュニアがディメンターを知ってるというシーンも、シリウスの母親の肖像画の叫びもなくて。マンダンガスなんて存在じたいありませんでしたよね!?リータも出ないし、パーシーと家族の確執も描かれてなくて。
シリウスの母親の肖像画のシーンは、シリウスの家、騎士団の本部が映るたびに、いつくるかドキドキしてたのになくて残念でした。
あと、アレ!ハリーが憂いの篩でスネイプの記憶をみるところ!
原作では学生時代のジェームズもシリウスもリーマスもリリーも(ピーターはあえて省いちゃる)出てたから親世代大好きな私としては出るかな出るかなって楽しみにしてたんですけど、出たのはジェームズぐらいかな?しかも少しの記憶のうえに印象があまりよくないじゃないか!っていう…むむ。
親世代の話はあとにまわすとして。


五巻はすごくイライラしながら読んでたのを思い出します。
ハリーの影響と(ハリーがむかつくのではなく)、アンブリッジ、魔法省のせいで。懲戒尋問のファッジなんてすごく大人気ない。ヴォルデモートが戻ってきたことを否定し続けて、ハリーを嘘つきの狂人呼ばわり。ホグワーツにまで干渉しだすとは腹立たしいったらない。
それだけ戻ってきたことを信じたくないほど、ヴォルデモートは最悪最恐の闇の魔法使いってことなんですが。
魔法省を現在の日本の政治として置き換えてみると、どこもこんな感じなんだなァと。
呪文なんて習わなくていい、基礎だけで理論だけで十分だなんて。アンブリッジ(魔法省も)は現場を知らなさすぎる。あぁ、青島の言葉が浮かんできます。自分の理想ばっかり掲げて押し付けて。子ども嫌いな時点で終わってる。もきー!!


ハリーはいろいろなことがありすぎてパンパン。あの細い体(ダニエルはすごい鍛えてるけど)で次々と重荷を背負っていかなきゃならないなんて。すごくイライラしてて、ハーマイオニーやロンにまで八つ当たり。「僕の気持ちなんか誰にもわからない!わかってたまるか!」って、大切な親友や自分のことを心配してくれる人、想ってくれる人たちがいることを少し見失ってしまってる時期でした。ハリーだけじゃなくて誰でもそんな時期ってあると思うし、(思春期とか反抗期とか特に)人間ていうのは分かり合えないから、それをどう乗り越えて相手のことを“わかる”か…難しい。
でもシリウスを助けに行こうと神秘部に行く前に、自分には“皆”がいてくれるって気づけて。ヴォルデモートの侵入も許さなかった。
ヴォルデモートと違って、友情や愛情を知ってるから。大切なものを持ってるから。そう思うとトム(ヴォル)は寂しくて悲しいなぁ…
「誰もわかってくれない。わからない」って塞ぎこんでばかりいないで、わかろうとしてくれる人を大切にしていかないと本当に独りになってしまう。ハリーにどれだけ八つ当たりされてもわかろうと支え続けるロンとハーマイオニーが大好きです。
ダニエルの「見返りを求めない本物の友情なんだ」ってコメントに感動しました。


シリウスとハリーのシーンをもう少し入れてほしかったなぁって思ったり。本部に着いて、ハリーとシリウスが視線を合わすシーンと、ハグするシーンですでに泣いてたんですけどォォ
確か原作ではモリーとシリウスのハリーを大切にする気持ちが同じだからこそ出来てしまった確執が描かれてましたよね。モリーが言う、シリウスのハリーに対する想いとかね、ちょっと重要なんじゃと思ってたんですが、最後の方ギリギリに表してくれてたかなぁと思います。
シリウスがハリーを助けにきたときに、死ぬ前にハリーに向かって最期に言った言葉が「ジェームズ」だった…(´A`。)
これ聞いた瞬間、涙がこみ上げてきてヤバかったです…うう。
14年もの間、ずっとずっとジェームズとリリーのことを悔やんで、ピーターへの憎悪もあって、でも夢もみてたのかなぁ、学生時代のこと。
ハリーを家族のように大切に想いながらも無意識のうちにハリーの中に親友であるジェームズを見てたんだろうなぁ。「ジェームズ!」って杖を構えなが言ったシリウスはなんだか嬉しそうだったんだもんんん((涙
でも「私の息子に手を出すな」(だったかな)って言葉!ここでさらに泣いて…
シリウスが、シリウスが…ベールの向こうに行ってしまったシーンで、とどめとばかりに涙がだばー
だって、全て終わったら本当の家族になれるって言ってたじゃないかぁぁぁ!!
よく覚えてます。原作のこの章…「Beyond the Veil」
あのアーチ、ベールの向こうに確かにいるんだ。ジェームズもリリーもシリウスも…ただこっちからは見えないだけで(泣)
ハリーの叫びと、ハリーを止めるリーマスと…あぁ、リーマスも悲しいはずなのに。だって、ジェームズとリリーばかりかシリウスまで!ピーターはあんなんだし…
アレ!あのシーンもなかった!ハリーが首なしニックにゴーストとしてシリウスが戻ってくるかを聴きにいくところ!これ入れてほしかったかも!ゴーストになる人とならない人がいるってお話。
ハリーはシリウスがニックみたいにホグワーツにゴーストとして戻ってきてくれることを期待してた…;;でもシリウスは戻ってこない。ゴーストにはならない。ヒナもそう思う。だって、あっちにはジェームズ達がいるからなぁ。ニックはゴーストとして残ったことを後悔してた。
こっちのものでもあっちのものでもない存在。


魔法省での戦闘は迫力があっておもしろかったです!ごちゃごちゃしてなくて、結構観やすかったかも。
でももっとネビルたちの活躍も入れてほしかった。


騎士団の出番があまりなかったように思います。
スネイプについては…6巻を読んだ方にはわかると思うんですが、もうあえて触れない。


フレジョ!双子は最高です!もう最高のいたずらですよね!
アンブリッジも焦げちゃって、法令の札も落ちてもうすっきり爽快!
彼らのお店に行ってみたいものです。


ルーナは、変わり者で、いじめられてるみたいだけど、この子好きです。純粋で素直でいいなって思います。まわりに惑わされず本物をしっかり見て。良い意味でマイペース。
最後の方のハリーとルーナのやりとりが好き。
ルーナの(というより彼女のマミーの?)言葉も好きです。
全て起こることをポジティブな方向に常に考えてるような。


ハーマイオニーとロンが前作よりいい感じなようなv
グロウプにむかって、「ハーマイオニーに触るな」って言うロンが可愛くてしかたがない。


ハリーの夢で、ヴォルがスーツを着て立ってるのには笑ってしまった。


ダークな要素が多い分、笑えるシーンも多くて楽しかったです。



【キャスト】
ダニエル、ルパート、エマ、三人ともまた一段と成長して!
ダニエルなんてすごい鍛えててびっくり!!ハリーはひょろっと痩せてるもやしっ子だから、ちょっとイメージが違うかもだけど、やっぱりダニエル君しかいない!

シリウス役のゲイリー・オールドマン!かっこよすぎです!!
雰囲気、パイカリのジャックに似てるような。

ルーナが思ってたよりも可愛かったですが…あの…チョウ・チャンがヒナはあまり、ですね。もっと可愛いイメージだったので…

アンブリッジとべラトリックスはもうまんまですね!ぴったり!
あのむかつく感じが(笑)

トンクスもキングスリーもぴったりでした。もっと出てほしかったな。
キングスリーの方は何度か地味に出てましたが。

フィッグばあさんも思ってたよりも綺麗だったかも(笑)
もっと皺が多くて、うるさいイメージだったから。

フェルプス兄弟は相変わらず素敵ですねぇv身長も伸びて、益々ウィーズリー家の子です。
ジニーもさらに可愛くなってv

ダドリー役の子も1作目からかわってませんが、うまくダニエルよりも背が高く成長してたことにびっくり。雰囲気も原作そのものでした。
原作では確かダイエットも少ししてるはずだから、まぁ大きいけど少し締まってた。

ダンブルドア軍団にも入ってた、あの小さい茶髪?金髪?の子がすごく可愛いんですが名前がわからない…
クリービー兄弟の弟を演じてた子、かな?
すごく可愛かったですv

アーサー役の方…あの、髪の毛増えてたように見えたんですが(笑)

キャストといえるかわからないけど、クリーチャーは、もっと汚いイメージだったので、思ってたよりも綺麗だった、かも。
クリーチャーの出番も少なかったなぁ…

グロウプがすんごく可愛かった!巨人はもっと野性的なイメージを持ってたけど、こっちの子どもみたいな感じがいいかも。

セストラルはなんかエイリアンみたいだったけど、そこまで怖くなかった。怖いといえば、ディメンター!こいつらの顔アップは無理です!怖い!

フィルチがあんなにイキイキとしてるのをみるのは初めてかも。

ヒナは吹き替えをみてきたんですが、ヴォルデモートとシリウスの吹き替えしてる方が、すごくいい声で。シリウスはともかくも、ヴォルのくせに何いい声してんねんって感じでした。
バオバブ所属の方も出てたような。ダンブルドアの吹き替えが波平さんなことに今日気づきました。
コードギアスで見かけた方も出演されてました。


【セット】
ブラック家はもっと大きなイメージだったので、予想と違って小さかったけど、やっぱりあの雰囲気が大好きです。
いいなぁイギリス。イギリス大好きです。もちろん今もイギリス留学の夢もハリポタ最終作のロンドンプレミアに行く夢も消えてません。
アンブリッジの部屋もピンクピンクしてて、今にもアンブリッジの甘ったるいむかつく匂いが漂ってきそうでした。壁にかけてあるお皿の猫がかわいかった。
神秘部もほんとまんま神秘的。予言がおいてある部屋が幻想的でした。
必要の部屋の現れ方も文句なし!ヒナのイメージよりも豪華だった!
魔法省への入り方も大好き!電話ボックスがエレベーターなんて。本当に知らないところに魔法界があるんじゃと思ってしまいます。
魔法省の魔法使いやゴブリンとかの銅像がある泉?のところも素敵でした。


音楽は、つくる人かわったのかなと思ったら、ほんとにかわってました。最初の方にジョン・ウィリアムズの音楽が使われてたみたいですけど、あとは違う人みたいで。でも迫力もあってよかったです。
どんどんダークになっていくから、ダークファンタジーよりもファンタジーが似合うウィリアムズさんよりもよかったかもです。でもこの人の音楽は好きなんだけどなぁ。




もう一度観ようと思える作品でした。必ずもう1回は観にいきます!
今度はもちろん字幕で。

長くなってしまいましたが、ここまで読んでくださってありがとうございました。



FC2 Blog Ranking









Return

Theme : ハリーポッター * Genre : 映画 * Category : 映画
|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。